当方の四柱推命は解りやすいのがポイント

私の四柱推命はどこの流派にも属さない独立派です。

何より、人材開発業界でビジネスパーソンのコミュニケーション能力向上を長年手掛けてきました。

そうした社会・ビジネス上の常識を最優先に、「わかりやすく」「すぐに使え」「効果が見える」メソッドで提供します。


私自身、このホームページを立ち上げるまで、社会勉強で沢山の本を読みつつ、いろんな方に分析していただきました。大丈夫かと首をひねる話もあります。(一部、専門用語が入っていますが、ご容赦ください。)

  • 三柱推命(生時不明)でも問題ないと言い切る人がいる。
  • 最後は十二運で決めてしまう。(ちなみに動物占いも十二運)
  • 二回相談に行くと、それ以上行きたくなる意欲が失せる。
  • 命式すら渡してもらえない。
  • 編財の流年が来ると「女性問題に注意」以外にアドバイスなし。
  • 神殺、空亡で手っ取り早く決めつける。背後に理論はなさそうな方。
  • 身強、身弱の話は聞いたことなし。よってなぜこの年は運が良く、この年は気をつけるのか、理屈が分からない。
  • こっちが専門用語を出すと、相手が引く。「自分でできますよ」みたいな。

「占いはそういうもんだ」といってしまえば、身もふたもないのですが、最初は壮大な体系があり、そこに理論があったはず。手軽な占いになり下がったのは悲しい限り。私は原点に立ち戻り、「わかりやすく」「すぐに使え」「効果が見える」四柱推命を提供します。