東洋占術であなたの可能性を明らかにします

一に命、二に運、三に風水、四に積陰功、五に読書。

~前漢時代の言葉

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

~孫子の兵法

 

浅草開運事務所では「わかりやすく」「すぐに使え」「効果が見える」東洋占術による分析・診断を提供します。

 

開運とは「自らの運命をマネジメントすること」です。

 

占いの帝王と呼ばれる四柱推命他、東洋占術(四柱推命・周易・人相・手相・奇問遁甲・紫微斗数・宿曜占星術)を駆使し、あなたの可能性を明らかにし、あなたの開運を共に考えます。

温かく愛情深いあなたにこそ、知っていただきたい運勢のリズム

就職、結婚、転職など人生のイベントでの失敗はできれば避けたいもの。

もし、あなたの未来が予測できたら良いと思いませんか?

 

そこでおススメが四柱推命です。 

四柱推命はあなたの生年月日と時間さえわかれば、あなたの生命エネルギーの周期性が見えます。

四柱推命を通して知り得たあなた自身の可能性に「目からウロコ」が落ちることでしょう。

 

そして、四柱推命は人の相性を見ることにも効果があります。

プライベートの男女関係、家族や親せきのみならず、会社の上司や部下の関係、ひいては組織内の人間関係も診断することができます。なぜ、あの人とは気が合わないのか、理由があるのです。

 

現代の私たちの福音書、四柱推命を有効活用することをおススメします。

経営者こそ知っておきたい四柱推命

人生はジェットコースターのようなものです。

日々奮闘されていることと思います。

 

ビジネスはうまくいく時があれば、逆の時もある。

うまくいくときはできれば長く続けたい。

攻めの時と守りの時はどうすればわかるのか。

そんなときは四柱推命にお任せ下さい。

 

四柱推命を使えば、あなたのエネルギーの相対的強さ、環境への働きかけ方、好調不調のリズムまで未来予知に関係するデータを得ることができます。

 

会社は、あなたの器量で未来が決まります。

四柱推命を活用して「開運」を一緒に考えていきましょう。

中年の危機をうまく乗り切るために、四柱推命で自己分析

40代になると時期の違いはあるものの誰にでも「中年の危機」が訪れます。

「中年の危機」とは、それまでの仕事内容、責任、報酬その他主に仕事の面で蓄積されたギャップが明るみに出るいことです。人によっては、新しい道に入ったり、あるいは割り切ることで乗り切ったり、様々です。


もし、四柱推命を活用できれば、こうした中年の危機からの移行(トランジション)もうまくいきます。

人生の半分を終えた今、じっくり後半の人生を考えてみませんか?

開運とは自分を知り、自分で動くこと

  • あなたの生命エネルギーの強さ、周期性、可能性を客観的な目で知る
  • 運の良い人を巻き込む
  • 心身を健全にする活動をする
  • あなたの未来はあなたが切り開くという意思を持つ
  • 自らの言動に細心の注意を払う